アロエ!〜その驚異のパワー〜

アロエ!〜その驚異のパワー〜
アロエ!大昔から、その驚異のパワーは、素晴らしいと認められ、人類の健康を支えてきました。 あらためて、アロエを見直してみましょう。
アロエの種類

アロエ!〜その驚異のパワー〜アロエの種類/アロエベラ4

いつもコメント・トラバ・相互リンク・ ランキング応援有難うございます。
アロエ!〜その驚異のパワー〜@houbuntarouです。

アロエベラ
○主産地
アロエベラは、現在、
アメリカ南西部、主としてテキサス州南部のリオグランデ渓谷、フロリダ州、
南カリフォルニア、
メキシコ、
太平洋沿岸諸国、
インド、
カリブ海諸国、
オーストラリア、
アフリカ、
沖縄
などで盛んに栽培されています。

○特徴
アロエベラの特徴は、キダチアロエのように木のように茎が立っていかないことです。

葉は大変肉厚です。
若いものはクリーム色の縦長の斑点が入っていて薄緑色ですが、
やがて斑点も目立たなくなり、全体が灰緑色となります。

葉は一枚が70センチから80センチ、重さ1.5キロ〜3キロ。
そんな葉が12枚〜16枚も集まって一つの株を作っていますので大変迫力があります。

葉の縁にはとげがあり、葉の先が尖っているのも特徴です。
葉の表皮をはぐと中には透明なゼラチン状態の部分があります。

花は夏の頃に花茎が伸びて黄色の花を穂状花序につけますが、不稔性です。

子株ができますのでその子株で殖やします。

○利用法
アロエベラは、利用にあたっての問題点がありました。
つまり、
いったん刈り取ってしまうと、製品化するまでに変色したり、変質したりすることがあり、
なかなか思うようにできないという欠点がありました。

ところが、1960年代になり、ゼリー部分を安定処理できる技術が確立されたことで、
この問題点は解決されました。

欧米では薬事法に収載されていますので、
アロインを除去し、食品や化粧品として使っています。

また、ヌルヌルの多糖体(ムチン質)が多く、保水性に優れる等の良さもあり、
化粧品への利用が高まっています。

◆参照したサイト一覧◆
http://shirou-nouen.com/zatugaku/zatugaku.html
http://www.a-aloe.com/aloe_shinjitu.htm
http://www.aloe-webshop.com/cgi-bin/aloe-keijiban/cbbs.cgi?mode=one&namber=1&type=0&space=0&no=0
http://www.plantatree.gr.jp/herbal/bkn23.php
http://zatugaku.jp/aloe-1.htm
http://zatugaku.jp/aloe-2.htm
http://www.kinomama.jp/lohas/yogo/2006/03/post_2733.html

この記事へのトラバ・コメントお待ちしております。


アロエ!〜その驚異のパワー〜アロエの種類4

いつもコメント・トラバ・相互リンクランキング応援有難うございます。
アロエ!〜その驚異のパワー〜@houbuntarouです。

アロエの種類について調べてみました。
299種類のアロエをその写真と共にご覧になりたければ、
こちらのサイトが一番でした。

アロエは、世界のいたるところで観賞用又は民間療法の植物として、栽培されています。

アロエは、植物学的には、サボテンとは異なり、
ニンニクなどと同じユリ科アロエ属の多年性常緑多肉質草を指す総称です。

高さは、10センチに満たない小さなアロエから、
成長すると20メートルを超す大型のアロエまであります。

葉は、固いトゲを持つものから、トゲのないものまであります。
また、葉をかむと、とてつもなく苦いものアロエもありますが、まったく苦味のないアロエもあります。

基本的には、熱帯原産の種ですから、アフリカを中心に広がっています。
南アフリカで、275種、
マダガスカルで、42種、
アラビアでは、12種〜15種が知られています。
日本では、1948年には、約30種程度でしたが、
観賞用として、多種のアロエの種が輸入されましたので、今では、200種にもなりました。

園芸用として、名高いアロエは、
・ソロモン王の碧玉冠(アロエポリフェラ)
・牽牛織姫(アロエベラツーラ)
・雪女(アロエクラビフロラ)
・五重の塔(アロエプリカティス)
・紫光錦(アロエビッケンシー)
・女王錦(アロエパルブラ)
・コーラルアロエ(アロエストリアータ)
などがあります。

薬効成分が発見されているものは50種類以上あります。
特に、ベラ種は薬効の点からも貴ばれ、古代ギリシア時代からずっと使われてきた種類の一つです。

◆多年性常緑多肉質草◆
一度種をまいたら、適温、適地である限り、十数年間も生育する植物。
その中で、年中緑色の葉をつける多肉質の植物を指します。

アロエの系統
世界的に見ると、

ケープアロエ、キュラソアロエ、ソコトラアロエのように
大型木質化したアロエと、

シャボンアロエ、キダチアロエ、アロエベラのように、
やや軟らかい葉を持ったアロエと2系統に分かれます。

◆参照したサイト一覧◆
http://albino.sub.jp/html/g/Aloe.html
http://shirou-nouen.com/zatugaku/zatugaku.html
http://www.a-aloe.com/aloe_shinjitu.htm
http://www.aloe-webshop.com/cgi-bin/aloe-keijiban/cbbs.cgi?mode=one&namber=1&type=0&space=0&no=0
http://www.plantatree.gr.jp/herbal/bkn23.php
http://zatugaku.jp/aloe-1.htm
http://zatugaku.jp/aloe-2.htm
http://www.kinomama.jp/lohas/yogo/2006/03/post_2733.html

この記事へのトラバ・コメントお待ちしております。


アロエ!〜その驚異のパワー〜アロエの種類/キダチアロエ4

いつもコメント・トラバ・相互リンク・ ランキング応援有難うございます。
アロエ!〜その驚異のパワー〜@houbuntarouです。

キダチアロエ
○主産地
日本

○特徴
キダチアロエの学術名を直訳すると「小高い木のようになるアロエ」という意味です。
原産地は高温で乾燥した南アフリカだが、日本に入るまでに寒さや湿気に強くなったと
考えられています。
繁殖力も旺盛で、挿し木で増やすことができます。

○利用法
キダチアロエは、日本ガン学会や日本薬学会で優れた成分があること、副作用がないことが発表されています。
小型種ですが、有効成分のアロインも多く、味も良い。
薬事法に収載されていませんので、医薬品の主原料にはなりません。
だから、食品や化粧品の原料として使用が認められています。

◆参照したサイト一覧◆
http://shirou-nouen.com/zatugaku/zatugaku.html
http://www.a-aloe.com/aloe_shinjitu.htm
http://www.aloe-webshop.com/cgi-bin/aloe-keijiban/cbbs.cgi?mode=one&namber=1&type=0&space=0&no=0
http://www.plantatree.gr.jp/herbal/bkn23.php
http://zatugaku.jp/aloe-1.htm
http://zatugaku.jp/aloe-2.htm
http://www.kinomama.jp/lohas/yogo/2006/03/post_2733.html

この記事へのトラバ・コメントお待ちしております。


相互リンク募集中
相互リンク頂いた方々
相互リンクの方々をご紹介します! ★コチラからお願いします。★
アクセスアップに!
サイトマップラス
Powered by SEO対策
無料レポート
アロエに関する記事
アロエ記事数277 アロエに関する記事、よろしく、 お願いします。
どうかランクUPを!
がんばっているのう!という方は
お手数ですが、それぞれ、1クリック、お願いします。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
新規ASPのご紹介
今、最強にホットで熱いASP!

相互リンク募集中