アロエ!〜その驚異のパワー〜

アロエ!〜その驚異のパワー〜
アロエ!大昔から、その驚異のパワーは、素晴らしいと認められ、人類の健康を支えてきました。 あらためて、アロエを見直してみましょう。

牛乳が難病を作った? 4

いつもコメント・トラバ・相互リンク・ ランキング応援有難うございます。
アロエ!〜その驚異のパワー〜@houbuntarouです。


前回の続きです。

さらに、今から30〜40年くらい前には、日本ではほとんどみられなかった潰瘍性大腸炎とか顆粒性大腸炎(クローン病)というような原因不明の難病も、牛乳や獣肉などのたんぱく質のとりすぎが原因ではないかと思われます。

このような病気は、私が医学生の頃の30〜40年前、アメリカではすでに多かったのですが、日本ではほとんどみられませんでした。

現在、それが日本にも非常に増えてきているのをみても、日本の食生活の変化に大きな原因があると思わざるをえません。

私はそういう患者さんを治療するときに、まず牛乳乳製品を全部やめさせてしまいます。

そして自然の穀物や野菜、果物などを適当なバランスで食べさせますと、その潰瘍性大腸炎とか顆粒性大腸炎(クローン病)というのが本当に奇跡のように改善されるし、また治るのです。

もちろん、病気の要因として、精神的なものも大いに影響しますが、そういうことを別にして、食べ物で牛乳乳製品をやめただけでも、そういう病気は改善されるということがわかっています。

私が内視鏡で多くの人たちの胃相・腸相をみてきていえることは、大部分の人にとっては、胃相・腸相は牛乳を飲むことによって悪くなり、難病ともいえる悪性炎症性の大腸炎もできるということです。

ですから、牛乳というのは好きだったら時折飲むべきもので、キライだという人には、かえって害になるといっても過言ではありません。

もう一度強調しますと、人間にはからだに合わないものはうけつけないという生態防御反応がありますから、牛乳乳製品が好きだという人なら、週に1〜2回くらいは食べたり飲んだりしてもいいでしょうが、そうでない人には毎日飲んだり食べたりしていてはけっして良い食品ではありません。

★参考文献★ 胃腸は語る(弘文堂:著者:新谷弘実)

★参考商品★ 1.乳製品

いかがでしたか?

この記事に対するコメント・トラバをお待ちしております。

ここまで読んでいただき、本当に、ありがとうございました。

また再び、来てくださることを願っております。

では、再見!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック
1. 胃腸の病気とピロリ菌について  [ 私の稼げる情報・気になる情報 ]   2006年12月04日 19:57
胃腸の病気とピロリ菌について知っておいたほうがよい知識について短くわかりやすいように記事にまとめました。胃腸がちょっと調子が悪いなんて人は必見ですよ。
2. 胃腸の病気のサイン  [ ブログでお得な無料情報 ]   2006年12月08日 20:28
胃腸の病気のサインを病気の特徴ごとにまとめています。あなたの胃腸はどんな状態ですか?やはり健康においしく食事が出来るのが一番ですね。そのためにも胃腸の病気のサインをよく観察しましょう。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
相互リンク募集中
相互リンク頂いた方々
相互リンクの方々をご紹介します! ★コチラからお願いします。★
アクセスアップに!
サイトマップラス
Powered by SEO対策
無料レポート
アロエに関する記事
アロエ記事数277 アロエに関する記事、よろしく、 お願いします。
どうかランクUPを!
がんばっているのう!という方は
お手数ですが、それぞれ、1クリック、お願いします。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
新規ASPのご紹介
今、最強にホットで熱いASP!

相互リンク募集中